大人のための本当の愛の見つけ方講座

寛容って矛盾してないか

宗教の寛容性って謎だよね。

日本みたいな多神教だったら分かるけど、
キリスト教みたいな神が一人の宗教で多宗教に勧誘って、矛盾してると思う。
自分の宗教が絶対に正しいなら、他宗教は間違いだし、親類には強制的にでも勧誘しなきゃいけないってことじゃないだろうか。

宗教に寛容性を持たせる論理があるとしたらどんなものだろう。
インドみたいに、この神は別の神の化身だとか、
他信者は別に自分じゃないから救われなくてもそれはそれでその人の運命という考えなのか。


宗教が絶対に正しいという前提があるのなら、いくら教義で人類平等を訴えたとしても非信者は自分より劣った存在だし組織のトップは自分より教義を理解している優れた人間ということでまた別の差別が起こるだろうし、社会といろんな齟齬が出てくると思うんだよな。

だったら逆に、世の中に絶対正しいことなんてないと思ってる人間のほうが差別しないのか?
スポンサーサイト



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブログ村参加中。
  1. 2017/06/15(木) 06:53:43|
  2. ひとり言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<eSIMってなんだ | ホーム | イスラーム原理主義の道しるべ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://obachanko.blog56.fc2.com/tb.php/1062-719fec27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)