大人のための本当の愛の見つけ方講座

歴史は繰り返す?

今日はハンセン病に関する資料館で開催されてる写真展に行っておりました。
電車広告が出てたんだけど、偶然隔離施設のあった島に行ったこともあり興味を惹かれたんだよね。

丁度今日がハンセン病の隔離施設の元入居者の講演会ということもあって見に行くには良いタイミングだったのだ。
現地に着いたのが講演会が始まるちょっと前だったから展示部分はちょっとだけ見て講演ルームへ。
客席はかなり埋まってたし、やはり高齢者が多い中若い人も予想以上に多く来ていた。

肝心の講演の内容だけど、
凄惨な話ばかりが出てくるものと思ったけど、そこで暮らす人の生き生きとした話、人間らしい最低限度の生活以下の環境で暮らすことを強要されたことへの社会への反抗がメインだった。

療養所では近年までは自給自足の生活で、野菜家畜を育てるのも自分、建設洗濯も自分、治療も教育も火葬も自分でやっていたようだ。
そう、そこには日本社会とは隔絶された小世界が存在していたのだ。
そこには確かに日本社会から追い出された人々の生活、絶望の中で自分の生を全うした人々の歴史が存在するし、今現在も暮らしている人が居るのだ。

たとえどんな環境に居ようとも、生に喜びを見出すことができるし、人と人との関わり合いの生活の中では愛が生まれる・・・これは現代にも生きる教訓ではないのだろうか・・・。


実際はまともに権利が保障されるまでは酷い環境を生き抜いてきたんだろうけど、思い出というのは美化されるのかな。
戦時中の思い出話でも、そういう傾向はあるらしい。

講演会が終わった後は展示室へ。

ハンセンと歴史。
ハンセンは仏罰、血筋、感染病等々・・・として差別されていたようで、寺社の周囲で物乞いをしていたようだ。
寺社の周囲で物乞いして生きられるのなら、それって結構凄いことだと思う。
昔はハンセン病にかかったら即里から追い出されて物乞いの身分になってしまうから恐れられていたようだ。

結局、無知による恐れがその人の持ってる偏見と結びついて差別になってるんじゃないかな。
本当に正しい知識を持っているなら恐れる必要はないし差別も生まれないと思う。
正しい知識を持たないのは無関心だからだろう。
無関心→無知→恐怖→+偏見→差別

とすれば差別を無くすには正しい知識の宣伝ということになるけど・・・
人間は情報の取捨選択の段階でかなり偏見フィルターがかかっちゃうから難しいよね。
人は信じたいものを信じるし、何が正しいかなんてそうそう分からない(自分もデマッターで騙される)・・・歴史は繰り返すのかもしれない。

肝心の写真展示室は時間が無くて閉館時間になって駆け足で一瞬見ただけだった・・。
みんなも興味あったら見てみてね。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブログ村参加中。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 03:26:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サラダのようにゲームができるんです

gamesaladというソフトがある。
プログラミングいらずでゲームが作れちゃう、夢のようなソフトなのだ。
RPGツクールとは全然違う。
あれはあれで面白いよね。
gamesaladはアクションとかパズルゲーム向きかな。
ギャルゲーみたいな紙芝居ゲーなら、素材さえあれば一瞬で作れると思う。
ギャルゲーって、やっぱ普通の製品作るにも技術力いらないのかな。

ちなみにこのソフト、もちろんネットで公開できるしiframeとやらでブログとかにも貼り付けできるらしい。
すごいよね。
自分も基本的な操作を覚えて、適当に作ったものをいざネットの世界へアップロードしようと思ったんだけど、アップロード中に404not foundとかエラーが出るんだよな。。
ソフトのバージョンアップもおかしくてできないし。。

変なところで落とし穴があるもんだ。
ちゃんと使えればいいソフトなのに残念な結果になってしまった。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブログ村参加中。
  1. 2014/11/25(火) 01:34:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

力比べとパワーストーン

2014-11-16-3

はい、神社です。
神社の裏側に作業用の道具がいっぱい置いてあって生活感があふれてる。

2014-11-16-2

クモの巣。
神社とか、木が茂ってるところは油断するとすぐクモの巣に引っかかるよね。
都会でしか活動しない人には分からないあるある。

2014-11-16-1

これのすぐ近くに立て札があって、力石(だっけ?)とは昔の人がそれを持ち上げて力比べをした石です。石には霊だか神が宿るといわれており、石を持ち上げることによりそれに感応するようになるのですよ。とか書いてあった。
てっきりこの写真の石が力石かと思ってて、これ持ち上げるとか怪我人続出で障害残りそうとか思ってたんだけど、実際は地面に適当に置いてあった丸い石がそうだったのかも。

昔の人は、娯楽が無いから競って石を持ち上げて楽しんでたりしてたんだね。
昔の娯楽って感慨深い。
暇はあるんだろうから物作ったり生き物飼ったり人と喋ったりしてたんだろうか。
月1回くらいは相撲大会、季節ごとに祭り、親戚縁者で集まってお祝い事・・。

石に不思議な力があるってのは、未だにパワーストーンだとか月に祈るとかいう人が居るから現代人でも親和性あるかもね。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブログ村参加中。
  1. 2014/11/16(日) 22:17:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うどん

自分は普段からうどんを食べることが多い。
外食でうどん、というわけでなく家で作る。
アルミ鍋のあのうどんね。
一人暮らしの男からすると、お湯を沸かして中身を投入するだけで食べられるのはありがたい。
野菜なんかも、単体で食べられる野菜なんかほとんどないしどう料理しようか困るものなんだけど、うどんだったら適当な大きさに切って投入するだけで済んじゃうから重宝するのだ。

アクが出たりゆで汁が緑色になるようなものは、事前に別でゆでておくけどね・・。


それで今日はアルミ鍋のうどんでなく、近所のうどん屋さんでうどんを買った。
自転車で通りがかったときにお店があるのを知ったんだけど、ここはお店で食べる以外に持ち帰りもできるのだ。

いざ買ってみたんだけど、作り方は何も説明受けなかった。。
たぶん暖めるだけなんだろうと思って作ってみたんだけどそのとおりで、お手軽に作れちゃう。
肝心な味のほうは、関東のうどんのせいか色が濃い。
これが関東のうどんか!って思いながら食べてた。
ほのかに香る醤油の風味・・。
自分は関西風のほうが好きかな。
アルミのうどんも関西味だよね。
どんべえは関東と関西で味が違うんだっけ。
今度食べ比べてみよう・・。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブログ村参加中。
  1. 2014/11/08(土) 22:21:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0