サイテロ、速読、断食

日本サイテロ協会関東支部

旧約聖書を読んだ

旧約聖書を読んだ。

なぜ読んだかというと、中世はキリスト教の考えにどっぷり浸かっているので、
キリスト教の知識があったほうがいいかなと思ったからだ。

旧約聖書は創世記みたいなファンタジー話ばっかりかと思ってたけど、
創世記、箱舟の話は最初の方で終わって、
律法の話、出エジプト、サウル、ダビデ、ソロモンに始まるの列王記、
バビロン捕囚ほかイスラエルの話、
それに詩で占められている。
あと家系の話も。

しかし旧約聖書は非常に長い。
ハリーポッターほどではないけど。
新約聖書の5倍ぐらいは長いんじゃないだろうか。
それに文章も新約より昔だから読ませるような文章ではない。
もっとも、最初の方と最後の方では文体も変わってる感じはするけど。

読んでみるといろんな疑問が。
割礼という言葉が何度も出てくるけど、割礼って意味あるの?
なんで神はユダヤ人びいきなのに他の民族滅ぼさないの?
なんで全知全能なのに最初の王様選びの失敗してるの?
なんで全知全能なのに人間がこんなに堕落しちゃうの?
等々。。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブログ村参加中。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/04(日) 20:26:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

スローライフブームと勉強本ブームの源流は

この前読んだ本で、
スローライフブームと勉強本ブームは中間層が、海外へのアウトソーシングでごっそり減ったからだ!
って書いてあるのを見て、もっともらしくなるほどと思ったんだけど、果たしてそうだろうか。
それを証明する手段もないし、推論でしかない。

前者と後者でそれぞれ反論してみよう。

スローライフブームの他の要因
ただ景気が悪いだけ
地域活性化の一環でブームを起こした
東京一極集中を避けさせるため
流行がひと循環した
スピリチュアルブームのため


勉強本ブーム
大企業でも安泰でなくなった
お笑い芸人ブームの反動
出版業会が仕掛けた
本当は捏造
Amazonのおかげ



一部の反論は、その原因がアウトソーシングだと言われるかもしれない。

本で断定的に書かれていることでも、反論しようと思えば色々思い浮かぶな。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブログ村参加中。
  1. 2018/01/03(水) 23:06:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

こころ読了

青空文庫の、夏目漱石のこころを読み終わった。

これって高校の教科書に載ってたんだけど、
ブラックホール圧縮の超ダイジェストだったんだな。
しかも最終盤。

主題としては、悪人というのは生まれ持った悪人じゃなく、
普段は善人だけど自己の利益のために悪人になってしまうというところだろうか。

自分としても身につまされる。
どうしても目前に多大な利益、はたまた多大な損失を目にすると、
どうやって自分を助けるかを考えてしまうもん。

キリスト教だと、それが人間って考えなんだろうけど。
恐らく。


青空文庫は文体が古くて読みにくい印象だけど、
今回は読みやすかった気がする。

古典に慣れてきたのかな?



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブログ村参加中。
  1. 2018/01/02(火) 21:57:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハリーポッターを読破しました

ハリーポッターを賢者の石から死の秘宝まで読破しました。

最初は子供が読む本だと思って舐めてかかってたけど、長い長い。
7巻だと思ってたけど、実質7巻じゃないし。

不死鳥の騎士団からはページ数がこれまでの倍以上になる。
不死鳥の騎士団は上中下巻だから3倍か。

今まで読んだ中では一番読み終えるのに時間がかかって、10日以上かかった。


ハリーポッターは自分が小学生の時に映画化されて有名になって、
図書館にも同時期に映画化された指輪物語と派閥争いがあったような無かったような。

そんなだからわずかにハリポタの知識はあったし、
たまにネットでマルフォイ役の人がハゲかかってるとかの話は見たけど、
本当に表面的な知識だけで本を読み始めた。

でもこれからはハリポタ強者だな。

ハリーポッターは、映画でも最後まで見てる人って少ないんじゃないのかな?

これからはハリポタ知識を前面に押し出していこう。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブログ村参加中。
  1. 2017/11/25(土) 22:06:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ホリエモンの本

書店にホリエモンの本があったので手に取って読んでみた。

本音で生きるという本。

これ、180ページしかないし、文字が大きくて1ページあたりの文章量も少ないからすぐ読み終わったんだけど。。

なんというか、普段本を読まない人をターゲットにした本という感じ。
内容もそこらへんの啓発本の寄せ集めみたいな内容だし。

読みたいとしてもこれは立ち読みで充分。


今の時代、本が売れなくなっていって、
とにかく数を出そうってのが今の出版業界の戦略らしい。

確かに対談内容を文字起こしして出版っていう本を最近よく目にする。
そういう対談本は昔からあったわけだけど、最近のものはどうもページ数が少ないように思うんだけど。。

売れる本の傾向も、哲学、芸術とかの社会科学系で、産業関係のものは売れてないようだ。

読者が浅く広くを望んでいる限りは出版業界もそれに合わせて動かざるを得ないんだろうけど、
それでは新しい発見もなくて読書する必要もないように思う。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブログ村参加中。
  1. 2017/11/12(日) 13:18:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ